いえつく!

| コメント(2) | トラックバック(0)

ietuku00.jpg

週末は1月とは思えぬ、暖かな日でしたね。
昨日、ちょっと東新宿まで散歩してみました。
家から新宿を対角線状に横切り、てくてく。

目的のない散歩も好きですが、本日は目的アリ。
いえつく!ブログのオープンハウスに行ってきました。

「いえつく!」は施主:大学の同級生夫婦、設計士2人:大学の同級生、CGデザイナー:大学の同級生という極めてスモール・サークルな友人たちを中心に「いえつく」る過程を100%楽しもうというプロジェクトでした。(「いえつく!ブログ」所信表明より一部引用)

ブログを確認してもらえれば、詳細はわかりますが、
だいたい上記の感じで、楽しく1つの住宅ができていました。

ietuku03.jpg

ietuku01.jpg

ietuku02.jpg

相変わらず、全体像がわかりにくい画像を載せてみます。。
(いつもなんですが、なんとなく人の作品をがっつり載せるのに躊躇があります。。)
(あと、こうゆうフレームカットが基本的に好き。。)

現地には、いえつく!メンバーが一同に。
私がブログだけの関係で来た最初の人間だったそうで、えらく歓迎してもらいました。
しかも最後にはピザまで、ご馳走になってしまい、、いやはや恐縮です。

建築感想。
1F:ワンルーム賃貸1つ、2F:オーナー邸(ワンルーム+ロフト)というすごくシンプルな構成。

道に挟まれた敷地を生かしてエントランスをそれぞれ別の道からとり、独立性を高めているアイデアが、これまたシンプルながら、効いてます。よく長屋形式で設計したとき、独立性をメリットとして挙げますが、それぞれのエントランスの関係によって、同じ長屋形式でも変わってくる事を改めて考えました。

それからワンルームといってしまうと、つまらない響きになってしまうのですが、特にオーナー邸のボリュームを生かした一連のまとまった空間が、間取りを感じさせない気持ちよさに繋がる事を、こちらも改めて実感。これは、内覧会でないとわからない感覚かもしれない。もちろん天井を間接照明で照らし上げたり、階段を家具に見せるなど、そのための工夫は、そこかしこに。

ディテールについても、すごく丁寧に説明してもらった事もあって、勉強になりました。
入り巾木、機器隠し、水周り小壁、キッチンのこと・・・。

サッシについては、外枠を正方形にするために、全部特注サイズ。
どうせ特注にするんだったらと、小数点以下まで寸法を指示したとの事。
(サッシは内側の仕上寸法でサイズが決まるので、外に合わせるとややこしいのです。)
これって、とても「建築家」的なこだわりですよね。大事、大事。

ちなみに、施主の先輩が、私の所属事務所のクライアントで、その設計したお家に施主も遊びに行った事があったり、建築家が、同僚のtakaさんと一緒のフットサルチームだったりと、ネットでの一方的な関係かと思ったら、なにかと縁があるもので、おもしろかったです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://hamatomo.s57.xrea.com/x/mt-tb.cgi/2346

コメント(2)

いえつくメンバーのけんです。
いや、きていただいてありがとうございます。
率直な意見書き込んでもらって本当にありがとうございます。素直に嬉しいですし、すごく勉強になります。
現場では、結構長いお話ができたので、たのしかったです。ブログを見てきていただいたという何か、時代を感じさせる出会い方も含め、また何か機会ありましたら、このブログも見に来ますので、今後もどうぞよろしくお願いします。

>kenさん

コメントありがとうございます。
こちらこそ、大変勉強になりました。

今後とも情報交換などしていきたいですね。
どうぞ、よろしく、です。

コメントする